1日だけのマチオモイ帖大展覧会

千代田区丸の内にあるKITTEビルに、オーブンで焼いた外はカリッ、中はふっくらなパンケーキがあると今日Twitterで知りまして、さっそく会社帰りに向かいました。体だるいのにw

 

はやる気持ちを抑えながらビルに入ってみると、吹き抜けの広場で「1日だけのマチオモイ帖大展覧会」というイベントが開催されていたんです。なんだろう? 都道府県や市町村の役所で作られた町を紹介するパンフレットの展覧会かな?と思ったのですが、少し様子が違う。イベントの趣旨案内を見てみると、その街に所縁や思い入れがあるクリエイターの方が撮った小さな写真集の展覧会でした。


パンケーキのこともあるので私も自分の所縁のある場所の物を見ようと、まずは生まれ故郷の岡山県へ。ありました! 瀬戸内市の牛窓!! 穏やかな海に小さな島がポコっと浮かぶ景色はいつ見ても癒されます。


続いては北海道滝川市! ここは私が短大時代を過ごした場所です。公園の動物の遊具を写真がたくさんあってかわいいなと思っていたのですが、心打たれたのはお終いのページに乗っていた広い広い雪原の風景でした。この写真を見たら短大の思い出そのものよりも、東京で育ち、初めて北海道の雪を経験し、雪が積もり始めて数日経ったある日学校の校庭からその先の野原一面ただただ雪があるという景色に圧倒されたことを思い出したからです。正直、夏の間はのどかな滝川市を退屈に思うこともあったけど、冬になって雪景色を見たら美しいな、いいところだなって思うようになって、2年生の冬休みは東京に戻らず滝川市でそのまま過ごしたほどでした。ちなみに、滝川市は夏も雨が降って晴れれば大きな虹がかかり、オレンジとピンクがグラデーションした夕焼けも大変美しかったです。


最後に赤ん坊の頃から短大の二年間北海道にいた以外はずっと住んでいる東京・町田市の物を探したのですが、残念ながらありませんでした。町田もただの郊外ではありますが、都心より自然も多いし良いところなんです! ぜひ、どなたかクリエイターの方に写真を撮っていただきたい!!

 

と、こんな感じで楽しんでいたら、パンケーキを食べる時間が無くなってしまったのですが、食いしん坊な私が途中パンケーキを忘れるほど楽しかったんです! 他の方も全て見るというよりは自分の思い入れのある場所の物を探し歩いては、立ち止まって写真集を手にされている方が多かった。皆、心の中で里帰りをしたり、思い出の場所を巡っていたのだと感じました。誰かとおしゃべりしながらではなく、一人で静かに見入っている人がほとんどでしたし。

こんな素敵なイベントがたった1日なんて本当にもったいないと思います。明日もやっていれば、私はもう少しゆっくり他の町の物も見たかったな。

 

またいつか開催して欲しい、そして次回は2,3日は続けて欲しいと本当に思えるイベントでした(*゚д゚*)