はがきにはまる。

刺し子でお世話になっているアトリエのオーナーさんは電子メール(以下、メール)はされず、連絡は電話で頂くか、なにかしらお知らせがある時は封書やおはがきが届きます。私も今はメールがほとんどですが、手紙を書くのは好き! 急に届いたら友人が驚くだろうと年に2通ほど手紙を出します。ただ、はがきは年賀、暑中見舞い以外で出したことはありませんでした。けれどオーナーさんに時々頂くようになってから、はがきっていいな、って思うようになったんです。

 

なぜこの絵柄を選んだのだろう?
最後の方はとても小さな文字で余白がないくらいに書いてくれてる! 嬉しいな(*゚ー゚)
etc.

 

というわけで、最近、文具店に行ってはハガキのコーナーで立ち止まるようになりました。
会社の帰りに伊東屋さんへ寄ったり、KITTEビルにあるスパイラルマーケットやデパートに入っている鳩居堂、ハンズ、LoFT等々へ立ち寄るのが本当に楽しくて!

 

 

今は季節を感じる物を少しずつ集めたり、

 

 

逆に、季節は感じさせず文字がたくさん書けるようなものや、自分らしさが出せるものなんかも。

 

 

あと、伊東屋さんでみつけたのが、このリボンシール。宛先と通信面が同じ面で、且つ、境目の線がないはがきに貼ってみました。

 

 

はがきは手紙ほど沢山書けないし内容もオープンで内緒話なんて書けませんが、その分ド直球で手紙やメールとは違う形で心に伝わってくるものがあると思うようになりました。

メールはすぐに送れる&読めるという点では確かに便利で、今の時代すでに欠かせないものの一つになってますが、ポストに投函した後、明日? いや届くのは明後日かな? なんて考えるのもなんだか新鮮で、のんびりにしてていいなって思うのです(*゚д゚*)