手ぬぐいを普段使いに。

今年の夏も暑いですね。
東京は連日35℃前後の気温が続いて、家から駅までどんなに汗をかかないよう頑張っても、ホームに立ち止まったとたん汗が吹き出します。そして涼しい電車に乗り込むと汗は滝のように流れ出し、汗が引くまでに20分程かかってしまう。会社に着くころには、愛用のミニタオルを自分自身でさえ、もう使いたくない…と思えるほどです。実際、ハンドソープで軽く洗濯してみたりもするのですが、会社の中ではミニタオルはなかなか乾かない…。

 

 

と悩んでいたある日。
海外に住む友人に送ろうと妖怪柄の手ぬぐいを買ったのですが、結局別の物を送ったため自分で使ってみたいのです。

するとまず驚いたのが吸水性(゚д゚)!! 広げるとミニタオルの5倍ほどの面積とはいえ、ぺらっぺらの手ぬぐい。小さくたたむとミニタオルと変わらない大きさなのに…。しかも乾きが早く、肌触りもサラサラととても気持ちが良いのです(*゚д゚*) さらに電車やバスを待っている間、帽子はあっても日傘がない時、広げて腕にかけると日差しを避けるのにも重宝しました。こうして一日ですっかり手ぬぐいにはまってしまった私。もともと家にあった二枚と新たに買った二枚と妖怪の手ぬぐい5枚でこの夏の汗対策は乗り切ることにしました。

 

ただ、困ったことも一つ。
それは、洗うたびに端がほつれること。ペンギンの手ぬぐいは唯一、端の処理が施されていますが、手ぬぐいの端は基本、切りっぱなし。そんなことをしては野暮かしら?と思いながらも、ミシンで端の始末をしようかと悩みました。けれど、先日、伊東屋で買ったタヌキの手ぬぐいに取扱説明書が付いていて、それによるとしばらくするとほつれなくなるとのことで止めました。

 

 

あとは色落ちのことを考えると水で洗剤無しの手洗いが良いみたいですが、私はもうバンバン使おうと思っているので洗濯機で普通に洗ってますw 色落ち? 気にしない気にしない(;゚∇゚)

 

それにしても手ぬぐいは本当にいろんな柄があって、見ていてとても楽しい。

あと、こうして普段使いする前から良いなと思っていたことが一つあって、それは熱が出て頭を冷やすときタオルより手ぬぐいの方が冷たさが持続するような感じていたこと。ただの気のせいかもしれません。でもすぐに乾くこととか何か関係してるのかな?なんて考えるようになりました。